1月〜3月のおすすめ商品

一年で最も気温が低く、水や空気が清浄清潔、上質の酒造りに最適な環境となる頃
各蔵元から寒造り新酒が発売されます
この時期だけの限定酒、今年のフレッシュな出来たて新酒をどうぞ



今年の新酒のご紹介です
コストパフォーマンスに優れた越乃白雪の限定酒


まさに“新潟銘酒の元祖”ともいえる弥彦酒造は別名「家元蔵」。その家訓は
『雑味のない、どこまでも透き通った湧き水のようなお酒』を造ること。
 今回は寒仕込みの最中に蔵元に行かなければ飲むことが出来ない
無濾過のしぼりたて生原酒をご紹介いたします。
 フレッシュで若々しい香りと荒々しさが特徴のこの時期だけの限定酒。

 スペックではわかりませんが、麹の割合を増やして、出来たての新酒から
そのお酒のもっているパフォーマンスを十分に発揮し、味が乗るように工夫しています。

 この冬にできた原酒を濾過(ろか)せず澱引きだけして上澄みの状態で生のままお届けします。

季節限定販売で数に限りがございます。ご注文はお早めに!


弥彦酒造の自信作                                         弥彦村・弥彦酒造
       越乃白雪 しぼりたて新酒無濾過本生原酒 

この蔵は無名の小さな蔵ですが、高品質の証として粕歩合まで公表しています。粕歩合とはもろみを搾ってお酒と酒粕に分ける割合のことですが、品質の良いお酒を造っている新潟の酒蔵でも大吟醸で60%。普通酒で25%くらいが酒粕となる程度に搾ります。 しかし、この弥彦酒造の粕歩合を見てください。もろみの約半分しかお酒にしません。お酒の本当においしい部分しか製品にしないのです。残りは全部酒粕にしてしまう、そのコストパフォーマンスの高さは他に類を見ないレベルです。
    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 12月下旬から2月下旬の限定販売
         しぼりたて無濾過本生原酒 特別本醸造
  完売しました  1.8L  3,348円 本 
  完売しました 720mL  1,674円 本 
     原料米=新潟産五百万石    精米歩合=60%
     使用酵母=新潟G9号  日本酒度=+5  酸度=1.2
     アルコール度=17〜18   粕歩合45%

 まず最初に飲み頃を迎えるのがこの特別本醸造酒。これは新潟産酒造好適米の五百万石を使用しているために味の仕上がりが早く飲み頃を迎えます。

 香りは透きとおった透明感のある香りでリンゴの陸奥を思わせるような酸味のある果物の香り。口に含むとやさしく適度な酸味が味を引き締めています。軽快でスッキリしていながらしっかりとしていてキレがよいお酒です。新潟産五百万石を60%精米にて使用、いわゆる「すっぴんのお酒」としてその本格的な醍醐味をお召し上がり下さい。

     

                     お知らせ

下記にご紹介する越乃白雪しぼりたて無濾過本生原酒「吟醸」、「純米吟醸」は寒仕込み、長期低温発酵で醸すため、出来上がりはその年の温度や酵母の働き具合により発酵期間が変わるため、お酒の出来上がりが多少前後することがありますが例年ですと3月中旬になります。

大寒の頃に仕込みを始め、最高の技術で醸し上げられた極上のお酒が濾過も何もしないうまれたての生原酒のままほんのひとときの間タンクの中でじっと静かに眠ります。

そのしぼりたてのままタンクに眠っている「吟醸」と「純米吟醸」の生原酒を当店では特別に蔵元にお願いして、3月中に限り、「しぼりたて無濾過生原酒」として、わざわざ取り分けてもらってご提案しております。

これは品質保持の都合上、季節的に暖かくなる頃にはそのままタンクに寝かせておくことができないために3月中旬から下旬のみの特別なご提案です。

一般の酒販店には「しぼりたて無濾過本生原酒」としての「吟醸」、「純米吟醸」はほとんど紹介されることは無いでしょう。

ですので、確実な入荷はご予約のご注文を優先させていただきます。

お酒の造りは気温や麹、酵母の働きで変わります。現時点では正確な発売日をお伝えできませんが、事情をご理解いただき、ご予約でご注文をいただけますようお願いいたします。

なお、正確な発売日はわかり次第、ホームページやご予約のお客様にメールでお知らせいたしますのでよろしくお願いいたします。

     

 3月10日頃にご予約優先で販売開始

         しぼりたて無濾過本生原酒 吟 醸  (大吟醸規格)
 完売しました 1.8L  3,996円 本 
 完売しました 720mL  1,998円 本 
     原料米=兵庫県産特A地区特上山田錦
     精米歩合=50%  (大吟醸規格)
     使用酵母=自社酵母  日本酒度=+4.5  酸度=1.5
     アルコール度=17〜18  粕歩合55%

  この吟醸は、まず日本の酒造好適米の中でも最高の山田錦を作り出す兵庫県特A地区の土質とほとんど同じ成分の地元の田んぼを選び出し、その選りすぐりの田んぼで、お米の栽培から施肥管理までしっかりと品質管理された新潟県弥彦産の山田錦を50%まで精米し使用しています。

 そして、大吟醸規格で造られたお酒のため出来たてでお召し上がり頂いても良いですが、冷蔵庫で少し寝かせて数ヶ月待ってからの方が、更に本来の実力を発揮し、味が乗り、おいしくお召し上がりいただけると思います。

 香りはさわやかでありながらまろやかですっきりとしたメロンを思わせるような、やさしく誘い込むような香りで、口に含むと酸味がアクセントとなりスッキリした中に高い位置での実力を感じます。バランスの良い辛口。余韻もきれいで原酒らしい力強さが感じられます。果物のようなフレッシュな味わいをお楽しみ下さい。

     

 3月10日頃にご予約優先で販売開始

         しぼりたて無濾過本生原酒 純米吟醸 (純米大吟醸規格)
 完売しました 1.8L  4,644円 本 
 完売しました 720mL  2,322円 本 
     原料米=新潟県弥彦産山田錦
     精米歩合=50%  (純米大吟醸規格)
     使用酵母=自社酵母  日本酒度=+3  酸度=1.6
     アルコール度=16〜17  粕歩合55%

 この純米吟醸は、まず日本の酒造好適米の中でも最高の山田錦を作り出す兵庫県特A地区の土質とほとんど同じ成分の地元の田んぼを選び出し、その選りすぐりの田んぼで、お米の栽培から施肥管理までしっかりと品質管理された新潟県弥彦産の山田錦を50%まで精米し使用しています。

 そして、純米大吟醸規格で造られたこのお酒は出来たてでお召し上がり頂いても良いですが、冷蔵庫で少し寝かせて数ヶ月待ってからの方が、更に本来の実力を発揮し、味が乗り、おいしくお召し上がりいただけると思います。

 香りはメロンのようなジューシーでフルーティーな高級感ある果物の香り。さわやかな香りがバランス良く整っています。味わいはお米の実力を感じる豊かで幅が広く、しっかりとまろやかな味わいの良さを感じます。余韻もきれいでバランスがとれていてお酒のふくらみがずっと続くようです。高級感あふれる洗練された香りと味覚をお楽しみ下さい。

 これら3種類のお酒は全てこの時期だけの新酒生原酒ですので、濃厚で豊潤な味と香り。そしてスッときれの良い淡麗辛口のすばらしいお酒です。


  完全予約制 寒造り新酒

ご予約の方のみ
2月下旬に蔵元からクール便で直送
ご予約〆切 1月31日

        品評会規格 蔵元直送無濾過大吟醸生原酒

       極上吉乃川  蔵出し一番

予約終了しました
  送料込み価格 720ml  3,780円 本 
    醸造方法=無濾過大吟醸生原酒   原料米=五百万石
    精米歩合=40%             使用酵母=非公開
    アルコール分(予測値)=19度   日本酒度(予測値)=+6
    酸度(予測値)=1.3         アミノ酸度(予測値)=1.3


 限られたお店しか取り扱いできない限定酒の「極上吉乃川」のシリーズとして、酒造りのこの時期にしか味わえない無濾過大吟醸生原酒のご紹介です。

 品評会規格の大吟醸原酒で蔵元直送のクール便送料込みでこの価格。この時期しか味わえないさらに充実したお酒としてご紹介となります。

 平成29年産新米を使用し、発酵中に生産される炭酸ガス(微量)や、香気成分をそのまま封入し、濾過をおこなわないために、米や麹がわずかに残っています。

 味が変化しやすいため商品の特性上、製造後3日以内に確実にお客様のお手元にお届けするために、このお酒は全て蔵元から直送の形でクール便でお客様のお手元に直接お届けとなります。

 蔵元での出来たてをそのままにお飲み頂くために冷蔵庫で保存の上、お召し上がり下さい。大吟醸新酒のフルーティーな香りと原酒の濃潤な味わいがお楽しみ頂けます。

 完全予約制商品のため店頭にての陳列販売はできません。是非お早めのご予約をお願いします。

 また、蔵元直送商品のため、ご入金方法は代金引換はご利用できません。ご予約をいただいたお客様に2月中旬頃、蔵元の出荷予定日が決まりましたらご連絡致しますので、郵便振替または銀行振込にて事前にご入金をお願いすることになります。ご理解をお願いします。



2月1日蔵出し 期間限定販売

                                        長岡市 吉乃川
  新酒本醸造生貯蔵酒 六段仕込み吉乃川
    1.8L   価格  2,160円 本 
    720ml  価格   972円 本 
  醸造方法=本醸造生貯蔵酒
  アルコール分=15度   日本酒度=−1.0   酸度=1.5

  精米歩合=65%   (この蔵のお酒の中ではやや甘口)

 六段仕込みは「春の訪れを感じさせるお酒」をコンセプトに、新潟県産新米を用い、通常は三段で行う日本酒の仕込みを、さらに四段、五段、六段と、何回にも分けた丁寧な寒中六段仕込みを行い、最後まで酵母の活性を保持して、よりフレッシュで芳醇な柔らかなコクのある飲み飽きしないお酒に造り上げました。

 この酒蔵のお酒は、その大部分が淡麗辛口になりますが、この酒蔵の中のお酒としては唯一、ほんのり甘口のタイプになります。出来たての新酒本醸造酒の生貯蔵酒でお届けします。

 ★飲み方の提案−−−六段仕込みの桜酒★★★

  冷やした六段仕込みによく洗った桜の塩漬けを浮かべます。
  ほんのりただよう桜の香りと六段仕込みのさらりとした甘味がベストマッチ!
  お花見気分をお楽しみいただけます。
  


2月5日発売開始  3月末までの期間限定 寒造り新酒

限定1000本
     できたてフレッシュ純米吟醸原酒      高野酒造

      越路吹雪   あらばしり
      720ml  価格 1,512円  本 
    醸造方法=純米吟醸原酒
    原料米 =新潟県産五百万石
    精米歩合=60%       アルコール分=18〜19度
    使用酵母=自製S3   日本酒度=+6    酸度=1.4


 「あらばしり」とは、出来上がったばかりのもろみを搾ったとき、最初に出てきたお酒のことを言います。また、昔はもろみの搾り機のことを槽(ふね)と言い、その槽からお酒の出てくる口の事を槽口(ふなぐち)と呼んでいました。

 出来たてのお酒を何も手を加えず、火入れをしただけの状態で出荷する純米吟醸原酒。

 もろみから最初にあふれ出た切れ味の良いジューシーな酒です。程よい酸味とさわやかな香りを楽しめる今だけの味わいです。

 このお酒は3月末までの期間限定季節限定新酒ということで、今年できた純米吟醸酒のお披露目価格とでもいいましょうか、お買得な価格設定となっております。この時期にしか味わうことの出来ない新酒原酒。いかがでしょうか。



新酒本醸造無ろ過生原酒

2月16日限定発売

限定生産につきお早めのご予約・ご注文をお待ちしております。

新酒本醸造無ろ過生原酒 こしのつる 長岡市 越銘醸
      1.8L  価格 2,721円 本 
      720ml  価格 1,360円 本 
   予想スペック
    醸造方法=本醸造 無ろ過生原酒
    原料米=五百万石
    精米歩合=60%     アルコール分=19.4度
    使用酵母=協会7号   日本酒度=+5   酸度=1.7


 越銘醸独自の伝統技術で新酒生酒の味と香りを一段と向上させる本格手造りで丁寧に仕込みました。この小寒から大寒にかけては一年で最も気温が低く、水や空気が清浄清潔、上質の酒造りに最適な環境となります。

 そんな時期だけの限定酒。「新酒無ろ過生原酒こしのつる」の香りはやや控えめながら清楚でフレッシュなリンゴ(ムツ)のようなほのかに甘やかな旬の香味が感じられ、口に含むと原酒にしては軽快できれいな味わいですが、濃い口と表現したい力強さがあり余韻がしっかりしていていてキレが良いお酒です。

 毎年この時期だけの限定発売。そのまま新鮮さを味わっても良し、冷蔵庫で数ヶ月保存してお酒の口当たりが丸くなってから飲むのも良し。色々な楽しみ方が出来るとお客様にご好評をいただいております。



新潟県長岡産山田錦100%・新潟発の新酵母
大吟醸造りのプレミアム酒が今年も発売です


無ろ過生詰酒

3月19日 限定発売

昨年は通年販売商品として準備しましたが大好評のため
年の途中で蔵元完売になりました。
3月に改めて今年の限定発売開始です。


                             長岡市 越銘醸
無ろ過生詰酒 越の鶴プレミアム 本醸造酒
     1.8L  価格 2,808円 本 
     720ml  価格 1,404円 本 
    醸造方法=本醸造 無ろ過生詰酒
    原料米=新潟県長岡産山田錦100%
    精米歩合=55%      アルコール分=16.4度
          使用酵母=S9arg   日本酒度=+4


 一昨年3月15日に越の鶴から「越の鶴プレミアム」が新登場しました。新潟酒の陣でお披露目をして1年間売っていこうと準備したのですが、あまりにも好評で発売2日で1年分の予定数量を完売。昨年は1.5倍のお米を確保して増産しましたが12月に完売。

 今年も昨年と同じ生産量ですので途中で完売してしまうと思われます。十分な手当をお願いします。ということで酒米は主に品評会に出品する大吟醸酒を造るときに使われる山田錦を100%使用し、お米の調達は昨年同様で地元、新潟県長岡産を100%使用し価格も昨年と同じです。精米歩合も高く、お米の中心部の55%だけを使用して何とも贅沢に作りました。

 酵母は新潟発の新酵母「S9arg」を使用したため今までにない透明感のある豊かで華やかな果物のようなフルーティーな香りが特徴的です。

 完熟したリンゴやパイナップルを思わせるジューシーな香りやメロンを思わせる濃厚でフルーティーな香りが広がり、大吟醸酒と同じ造り方の低温発酵のため本醸造酒なのにまるで上品な大吟醸酒の香りと勘違いしてしまうような華やかな香りと透明感のある華やかで贅沢な味に新酵母の力を感じます。

 アルコール度数も高く設定してありますので香りの立ちも良く、しっかりした骨格と力強さにお米由来の上品でふくらみのある味わい。適度な酸がボディーを引き締め、程よいところで切れの良い辛口に仕上がっています。そのバランスの良さは確かな酒造りの技、技術の高さ、お酒のポテンシャルの高さを感じさせてくれます。

 香りよく、口の中でサラッと溶け込んで旨みを存分に楽しめ、飲み込むとキリっと消えるお酒になっております。飲み飽きせず、また飲みたくなるお酒になってます。
 通常、本醸造酒はお燗に適しているお酒としてご紹介しておりますが、このお酒はどちらかというと冷やで吟醸酒の感覚でお召し上がりいただくのがよろしいかと思います。

 通年販売商品として発売になりますが、1年に一度の寒仕込みのため製造量が限られておりますので季節限定商品のような品切れが予想されます。

 ご予約も承っておりますのでお早めのご注文をお待ちしております。



新潟県長岡産高嶺錦100%・新潟発の新酵母
大吟醸造りのプレミアム酒の第2弾が新発売です


無ろ過生詰酒

3月19日 限定発売

プレミアムシリーズの第2弾

昨年は半年で蔵元完売になりました。
3月に改めて限定発売開始です。



                             長岡市 越銘醸
無ろ過生詰酒 越の鶴プレミアム 純米酒
        1.8L  価格 2,808円 本 
       720ml  価格 1,404円 本 
    醸造方法=純米 無ろ過生詰酒
    原料米=新潟県長岡産高嶺錦100%
    精米歩合=60%      アルコール分=16.4
           使用酵母=S9arg   日本酒度=+4


 一昨年3月に越銘醸から新発売の「越の鶴プレミアム本醸造」が発売2日で1年分の予定数量を完売してしまいました。そこで大人気のプレミアムシリーズに第2弾として昨年は純米酒が新登場となりました。

 越銘醸ではあらためてプレミアムシリーズの第2弾を発売するに当たり、その定義を次の4つと決めて、新たな挑戦に挑むことになりました。

  1.県内産のお米を100%使用すること。
  2.新潟県で開発された酵母を使うこと。
  3.低温発酵の大吟醸造りをすること
  4.生酒で瓶詰め後、1回だけ火入れをする生詰め酒にすること

以上のルールに則り、今年は第2弾の純米酒の発売になったのです。

 第1弾の本醸造酒との違いはお米が今年から高嶺錦に変わる以外は昨年と同様。精米歩合が60%である他は第1弾の本醸造と酵母も同じ新潟発の新酵母「S9arg」を使用し、大吟醸酒と同じ造り方の低温発酵のため純米酒として昨年よりコクのある味わいを目指します。

 そして新開発のS9arg酵母の華やかな香りを生み出す特徴と相まって、酸味が心地よくコクのあるタイプに仕上がっています。香りは穏やかで、旨味と酸味の割合が絶妙でパイナップルを思わせるようなバランスの取れたお酒です。思わずお肉食べたい〜と思いました。

 蔵元としてもプレミアムシリーズがどのように発展していくのか、きっと手探りの状態だと思いますが1年に一度の寒仕込みのため製造量が限られておりますので早めの販売終了が予想されます。

 ご予約も承っておりますのでお早めのご注文をお待ちしております。



無ろ過生酒

4月20日 限定発売予定

少量生産につきお早めのご予約・ご注文をお待ちしております。

数量限定の人気商品です。

今年は予約だけで完売してしまうかもしれません。

お早めのご予約をお待ちしております

純米大吟醸規格の中取り新酒生酒

           純米大吟醸規格                 長岡市 越銘醸
  越の鶴 中取り生酒 純米吟醸
       1.8L  価格  3,240円 本 
       720ml  価格  1,620円 本 
   予想スペック
     使用米  =五百万石
     精米歩合=50% (純米大吟醸規格)
     使用酵母=協会7,9号    アルコール度=15.4度
           日本酒度=+5   酸度=1.4  アミノ酸度=1.3

 このお酒は少量手造りで造られ、搾りも昔ながらの槽で搾ります。もろみを酒袋に入れて槽の中に置くと、最初はそのもろみ自体の重さで自然にお酒が流れ出してきます。

 最初は酒袋の布の細かい目を通り抜けるほどの煙のようなきめの細かい澱が少し混じっています。これを「あら搾り」と言い、香りはフレッシュでシャープな感じのお酒になりますが、その後、だんだん澱も少なくなり比較的澄んだきれいなお酒となって流れてきます。

 これを「中取り」と言って、新酒らしい爽やかな香りと味わいのバランスが最もよい部分と言われています。

 今回その量的にも限られた「中取り」の部分だけを瓶詰めしました。もちろん今年の新酒で限定発売です。

 手作業の槽で搾るからできるこのお酒。手間がかかりますが生酒のフレッシュでやわらかな吟醸香、そしてきれいな旨味と後味のスッキリしたお酒です。

 蔵元が年末にテスト醸造で仕込んだ1タンク分をJR越後湯沢の日本酒試飲施設である「ぽんしゅ館」でご紹介したら人気順位第2位となって完売してしまったようです。

 本格的な発売は今年は4月20日ですが仕込量が昨年と同じ量しか造れないそうですので、もしかすると予約で完売するかもしれないと蔵元の営業が言っていました。

 当店としても割り当てにならなければ少しは余裕を持って確保したいと思いますが、確実なお届けのために事前にごお知らせさせていただきます。

 ご予約やお取り置きも承っておりますので、ご要望がございましたらご一報をいただければ幸いです。


 手造りのみだからできる商品でわずかな数量しか搾りません。無くなり次第終売となります。是非ご予約をお待ち致しております。



蔵の想い。それは地元の棚田を守り、酒米を作る。それが酒蔵の役目」

5月1日新発売

自社棚田で自社栽培米の純米大吟醸酒

ドメーヌとはフランスワインのボルドーにおけるシャトーとほぼ同じで
自分の畑でぶどうを生産し、ワインを醸造・瓶詰めする者(生産者)をさすが
ドメーヌは一般的に規模が小さく、無骨で律儀な職人と
いった感じの人というイメージがある。


  越の鶴 純米大吟醸 domaine (ドメーヌ) 長岡市 越銘醸

   1.8L  価格  3,456円 本 
   720ml  価格  1,728円 本 
  使用米  =自社棚田・自社栽培米・五百万石
  精米歩合=50% (純米大吟醸規格)
  アルコール度=16度   日本酒度=+2
  酸度=1.6         アミノ酸度=1.1


 蔵元・越銘醸の新たな挑戦が始まりました。
 越銘醸では「蔵の想い。地元の棚田を守り、酒米を作る。それが酒蔵の役目」という信念の元、新潟県長岡市栃尾地区の標高の高い山間にある雷地区の棚田で五百万石を栽培し、こしのつるのさらなる一歩として「ドメーヌ化」への第一歩を踏み出しました。
 しかし、自社水田において蔵人が初めて米作りに挑戦した昨年は近年にない天候不順な年だったため米作りにしては困難な年になってしまいました。
 ましてや酒造りには慣れていても、米作りは初めてで不慣れな蔵人にとって、思い描いたお米とは言い難い結果になってしまいました。

 そこで今年はあくまで挑戦と位置づけ、収穫したお米で今まで商品のラインナップにはなかった純米大吟醸を造ってみることになりました。
 丹精込めて自社栽培した五百万石で醸された純米大吟醸酒。搾った後すぐに瓶詰めをして火入れをしました。
 
香りはおだやかで柔らかく華やかな感じの果実味のある香りを持ちながら、口に含むと旨味が心地よく、フワッと広がるようです。切れ味が良く、すいすい飲めて、飲み飽きしない味わいが楽しめます。料理を選ばず、料理との相性が良い食中酒としてお楽しみ頂けます。
 是非一度、お試し下さい。